敏感肌 日焼け止め

日焼け止めをしっかりして紫外線対策を!

夏になると、強い紫外線により、お肌がダメージを受けないように、日焼け止め使用する人は、とても多いです。屋外に出る時だけでなく、日当たりの良い室内でも、日差しが強い季節には紫外線対策を行わなければなりません。敏感肌の方は、紫外線のダメージを受け易いだけでなく、日焼け止め選びにも注意が必要です。
日焼け止めには、敏感肌用や子供用など様々な種類が市販されています。

 

紫外線を浴びている時間などにより、効果を選ばなければなりませんが、汗などにより効果が薄れてしまう場合があります。効果が強い物の中には、敏感肌用であっても、お肌にダメージを与えてしまい、新たなトラブルの原因となってしまう場合もあります。効果が強い物を使用する事に、不安や抵抗がある場合には、効果を弱い物を定期的に塗りなおすと、安心です。

 

塗りなおす際には、ウェットティッシュや濡れタオルなどで、お肌を拭き取った後に、改めて塗ると良いです。塗る量を守らなければ、効果を発揮する事ができないので、事前に確認しておかなければなりません。腕や足などは、塗りな治す事が簡単ですが、メイクをしているお顔の場合には、塗り治しが難しいです。

 

その場合には、化粧下地にも紫外線から保護する効果の物を使い、更にファンデーションにも同様の効果がある物を選ぶと安心です。スプレータイプの物があれば、お顔や体だけでなく、髪の毛や頭皮も紫外線から守る事ができるので、とても便利です。はじめて使用する場合には、敏感肌の方は、比較的お肌が強い部分である、腕などで試してから使い心地を確かめると、トラブルが少ないです。

 

効果が弱い物を使う場合には、塗り治すタイミングを忘れない事と、塗り残しが無いようにする事が大切です。紫外線でダメージを受けてしまった場合には、冷却し保湿する事によりダメージを抑える事ができますが、もし赤く腫れてしまい痛みがある場合には、皮膚科などに相談すると安心です。