敏感肌 クレンジング

ふきとりタイプのクレンジングで肌を守りましょう!

季節の変わり目などは、どんなに肌が強い人でも乾燥してカサカサになったり、湿疹が出たりと抵抗力が落ちているために
肌の調子が変りやすいものです。特に敏感肌の人は季節の変わり目はもちろん、ほんの少しの刺激や摩擦にも弱いものです。

 

肌が摩擦や刺激を受ける行為といえばメーク落とし、つまりクレンジングです。
クレンジングには様々なタイプがありますが、敏感肌の人にオススメなのは、ふきとりタイプのクレンジングでしょう。
それはなぜかというと、肌の余分な脂を適度に残すからです。

 

メーク落としにはオイルタイプやクリームタイプもありますが、これらのものは残しておくべき肌の脂までも取り除いてしまいます。
すると肌が乾燥しやすくなったり、刺激に弱くなるのです。
ふきとりタイプはコットンにしみ込ませ、サラッと肌を撫でるようにするだけで、メークがしっかりと落ちるのです。

 

コットンや手の平での摩擦が刺激になりやすいので、コットンにはたっぷり化粧水をしみ込ませる、また
手の平を使うときは、決して肌をこすらないよう包み込むように化粧水をしみ込ませます。

 

さらにその後に、刺激の少ない洗顔フォームをしっかりと泡立てて泡洗顔することで、肌に必要な脂を残しつつ
きれいな肌を保つことができるのです。きれいになった肌にはたっぷりと化粧水をしみ込ませ、肌がひんやりするのを待ちます。
肌に化粧水が浸透するには約3分かかるといわれています。

 

スキンケアは、リラックスして行うのが良いのです。
朝夕、スキンケアのためにほんの少し時間を作ってみましょう。
朝はこれから頑張る肌のために、夕方は今日一日頑張った肌のために、としっかりいたわってあげましょう。

 

こうした毎日の積み重ねが後に大きな差となって現れます。
特に敏感肌の人は、刺激の少ない化粧水をしっかりとしみ込ませ、さらに肌にやさしい基礎化粧品を取り入れることで季節の変わり目にも負けない肌を作ることができるでしょう。