敏感肌 スキンケア

正しいスキンケアで肌トラブルを改善!

敏感肌とは、スキンケア化粧品やファンデーション、外的刺激などに対し、過敏に反応してしまう肌を言います。生まれつき敏感肌の人もいますが、今まで肌の状態に何も問題がなかった人でも、急に敏感肌になることがあります。クレンジング剤や石鹸、化粧水や乳液、クリームに至るまで、何を使っても合わなくなることがあります。

 

赤いブツブツ、かゆみ、ピリピリ感、熱を持つなどのトラブルが出る場合は、すでに敏感肌になっているか、敏感肌になりつつあると言えます。
敏感肌は乾燥肌であることが多いです。乾燥肌はあらゆる肌トラブルの元凶であるため、まずは乾燥肌の改善をする必要があります。肌が乾燥していると、肌を守っているバリアの力が弱くなり、肌そのものが刺激を受けやすくなります。

 

そのため、化粧水などを始めとするスキンケア化粧品がしみて痛みを感じたり、ごく微量のアルコール成分でかぶれるなどのトラブルが起こりやすくます。今まで間違ったお手入れで肌に負担をかけ続けたという証拠でもあるため、正しい方法を身につけることで改善することができます。
敏感肌用のスキンケア化粧品は、どの製品も肌に優しく刺激の少ない処方になっていますが、それでも肌に合わない人がいます。

 

いくら肌に刺激がない処方でも、自分にとって良くない成分が使われていては意味がありません。自分がどの成分で肌トラブルを引き起こしているのかを知ることが、改善の近道となります。例えば、比較的多いのがエタノールなどのアルコール類です。アレルギーで肌トラブルが起きている場合があります。最近ではアルコールフリーも増えていますので、簡単に回避できます。次に、合成界面活性剤です。

 

水分と油分という、絶対に相容れない両者を混ぜることができる成分です。様々な日用品などに用いられています。化粧品でも当たり前のように使われていますが、肌に良い成分を肌の奥まで浸透させるために、肌バリアを壊してしまうと言われています。このような刺激物は極力使わないケアを行う方が、肌にとって良いことは言うまでもありません。

 

※何を使ってもダメだった時は?
顔を洗った後、タオルドライをせずに少量のワセリンだけを薄く塗りましょう。言わば、水道水が化粧水で、ワセリンが乳液やクリームといったところです。肌には潤いだけを与えることができ、肌への刺激はほぼありませんのでおすすめの方法です。肌が回復するのを待つというやり方です。