敏感肌 美白

 

敏感肌の人が美白を目指すには?

敏感肌は、年齢や食生活、紫外線、ストレス、エアコンなど様々なことが原因となり起こるものです。
肌を保護するバリア機能が乱れているため、紫外線など外部からの刺激を受けやすいですし、普通肌の人に比べると肌内部から水分が失われやすくなっている状態ですので、乾燥が進んで肌がカサカサしてきます。
それゆえに、うるおいがなく毛穴が開きキメも乱れてきて、くすみが目立つ肌になり美白には程遠くなってしまいます。

 

 

その状態では顔のトーンも暗いままであり、見た目年齢が上がって年上に見られることも多くなります。

 

そんな敏感な肌を改善させるには、新しい皮膚が生まれ変わるターンオーバーを意識して正常に戻していくことが大切です。
加齢により、そのサイクルが遅くなっている場合は、通常よりも根気が必要ですが、正しいケアを続けていれば美白に近づくことはできます。

 

 

そのようなケアで重要なのは、少しの刺激にも過敏に反応してしまう敏感肌に負担を与えないよう、とにかく優しく行うということです。
クレンジングや洗顔時に擦りすぎると、それが肌への負担となり、さらに状態を悪化させる可能性もありますので細心の注意を払いたいです。

 

 

たとえば洗顔のときは、よく泡立てた泡をクッションにすると、顔と手の摩擦を防いでダメージを最小限に抑えることができるようになります。
そして一般的な化粧品ではなく、敏感肌用につくられている商品を使うのも大事なことです。
配合されている成分によって使い心地や効き目なども変わってきますから、初めて購入する際はトライアルセットを試してみるとよいかもしれません。

 

 

そんなスキンケアでは、化粧水を肌につける際に使用するコットンにも注意が必要です。
使っているうちに毛羽立ってくるものは、その毛が肌に触れただけで反応してしまうこともあるからです。
それほどの敏感肌の人はコットンの使用をやめて、温めた両手に化粧水をつけてなじませたあと、そのまま顔を包み込むようにして浸透させていきます。

 

 

こういった毎日の努力が、肌バリアの正常化とうるおいの保持、美白肌へとつなげていくのです。

敏感肌はスキンケアの基本、洗顔が大切です

アトピー性皮膚炎で皮膚が慢性的に炎症を起こしている方、刺激に弱く肌のバリア機能を失った敏感肌の方は、スキンケアの基本である洗顔を正しく行うことが大切です。肌質を美しく見せるためには、ターンオーバーという肌の生まれ変わりを理解して、正しい方法で顔の汚れを落とし、外からの刺激に敏感になっている肌の機能を正常化することが必要となります。
敏感肌の方は極度に皮膚が乾燥し、バリア機能が低下している状態です。

 

 

顔を洗うときには刺激の少ないぬるま湯だけで洗うことが勧められています!

化粧品を使用してクレンジング剤やメイク落としが必要になった場合には、皮膚のうるおいを残しながらも汚れを落とすことができる保湿型の洗顔料を選び、十分に泡立てて泡の弾力の力だけで優しく洗うことが基本の動作です。

 

指の力でこすったり、メイクが落ちていないからといって数回続けざまに洗うことは避けて、複数のメイク落としが必要のない化粧品を選ぶことも重要です。
年中顔の皮膚の乾燥に悩み、化粧水もしみるといった敏感肌の方は、正しいケア方法をとって改善に努める方が多くいますが、注意したいのは鼻や頬のテカリが気になる隠れ敏感肌の方です。

 

人間の肌は乾燥すると体内から潤滑剤となる皮脂を適量出してきてバリア機能を保とうとしますが、極度の乾燥になると皮脂の出方も多くなってきます。隠れ敏感肌の方は自分が脂性と思い込んでいて、皮脂を徹底的に排除しようと頻繁に、しかも入念に顔を洗いがちになって、化粧を崩す原因となる脂を徹底排除しようと頑張りますが、実は逆効果であることが多くあります。

 

汗もかいてないのに化粧が崩れる、オイリー肌向けの製品を使っても効果がでないという方は、顔を洗う回数を減らして保湿すると肌質が整います。
自分が隠れ敏感肌かどうかを知りたい方は、百貨店やデパートにある化粧品販売コーナーの専用機器で判定してもらうと水分量と皮脂の割合が簡単に判定でき、自分の肌質にあった化粧品もその場で購入できます。